<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
第23回シマノ鈴鹿ロードレース[2006年8月27日]
木曜日の夜、オレンジフェリーで行きました。
金曜日は実家でゆっくりし、土曜日午前5時に大阪のメンバーと出発しました。

d0085309_21413987.jpg

エントリー種目
1時間サイクルマラソン<召集9:05・スタート9:15>
オープン1       <召集11:05・スタート11:15>
2時間耐久      <スタート4:30>

7:30現地到着。
今回は場所捕り人がいなかったので、通路にて確保する。

[1時間サイクルマラソン] 
500名以上の参加。ベテランからビギナーまで入り混じってのレースです。

私は召集ぎりぎりにいくが前に割り込む。
でないとスタートで出遅れると取り返しがつかないほど足を使う。
マークしていた大塚氏(パインヒルズ)を3週目に見つけピッタリマーク。

周回を重ねる事にビギナーがコース一杯に広がってあぶなくてしょうがない。
横をすり抜けながら7週目に何でもない所で集団中ほどで落車。
私は集団左端を大塚の後ろでついていたのでクリアー

最終回集団に位置とりの動きが激しくなる。
最終コーナーを予定どおり10数番手ではいる。
直線でローギアに切り替え一杯踏む。
右手から列車で5人がくる。
列車のまた横からDANDAN(チーム名)がアタック。
さすがの大塚氏もついていけずすのままゴール。
私はタイミングが遅く、7位でゴールでした。

[オープン1・2周回]
このクラスは参加者が多く3つに分けてスタート。
私は2組目。参加者リストを見てみるが、大塚氏は前の組である。
しかし中村氏(航空電子)が同じクラスである。
私は中村氏をずっとマークする。
スタート前、中村氏は余裕の記念写真をパインの連中達と写している。
さしで勝負すると絶対にかなわない相手である。
このクラスは逃げを試みるものがなんいんかいるが、すべてつぶされてしまう。
雨やよっぽどの悪天候でない限り逃げは無理である。
最終コーナで5番手 理想の展開である。
中村氏、マークされすぎで最終コーナで先頭に出てしまう。
直線に入り5番手をキープ。ところが左から一人アタック。
私は伸びが出ず3位で、とりあえず表彰台。

[2時間耐久]
鶴原サイクル、法事で2組の一人が不参加の為 急きょ参加。
先頭集団から離れるとそこで上位になる事は、むずかしいと思います。
私としては楽しめました。

鈴鹿は夜の花火も見ごたえがあります。
また全国レベルのスプリンターとも一緒に走れ走れます。
出店ブースでも楽しめます。
みなさんも機会があれば一度参加お勧めします。

by TOP FIELD
[PR]
by ONMAC2004 | 2006-08-27 23:00 | Comments(26)
第21回トライアスロン中島大会[2006年8月27日]
ONMACからは2大会連続出場のハラポンさんと、
中島は初参加のマーチン、そしてトライアスロン初参加の私(のんち)が出場しました。

d0085309_101535.jpg

朝、8時30分ごろ宿泊先から会場に移動。
バイクをセットして、子供達のアクアスロンを応援しに行きました。
マーチンと知人の3人で行きましたが、トップの子供は
めちゃくちゃフォームが綺麗でもしかしたら僕より速いかもしれません。
僕らの横を駆け抜けていく子供達。
拍手とエールを送り、ほんのひと時だけ、レースを他人事に感じることができました。
いっそこのまま、他人のレースだけで終わってほしかったんですけどね・・・・(汗

ハプニングがひとつ。
レーススタート30分前に、知人が僕を探しに来ました。
会場では「ゼッケン番号48番篠原選手・・・・タイヤがバーストしています!」
という放送が流れました。
はずかしい・・・・
あわてましたが、それは一瞬で、リムをはずし、タイヤをはずし、チューブを取り出し・・・・

そこでハラポンさんがアドバイスをくれました。
「OCHIさんのところにもっていったほうが早い!」
そのとっさの一言で救われました。
ハラポンさんのリードで、OCHIへ走り、無事チューブを交換してもらいました。

さて、レース15分前、ウェットスーツを着て、スイムスタート会場に向かいました。
もうほとんどの選手が用意をすませるなか、僕はUPもしていません。
急いで一度海へ入り、キャップとゴーグルをセット。
十数メートルだけ泳いで砂浜にあがり、中村市長の挨拶を聞きました。

あまりに緊張しすぎて、中村市長がなにを言ったのか、さっぱり覚えていません。
マーチンが緊張をほぐそうと話しかけてくれましたが、それすらまったく耳に届きません。
脈拍が速くなっていくのを感じます。
そのうち自分の心臓の鼓動しか聞こえてないくらい周りの音が消えてしまいました。

海の中へ誘導され、気が付いたらスタート。
出遅れて、あわてて頭を水の中につけ、ごった返す鉄人の中に突っ込んでいきました。

海の中は戦いです。
ポジションの取り合い、リカバリーした腕がのってくる、突然前の人が平泳ぎをして蹴られる
375mの折り返し地点で僕も平泳ぎのキックで顔面を蹴られ、ゴーグルがずれました。
ちなみに、昨年はひろちゃん(ヒロヤン)が蹴られ、唇から流血していました。

周りのペースに合わせながら泳ぎ、24分台で海からあがりました。
去年はリレー参加だったのでバイクのトランジッションがないにも関わらず、
バイクを置いているところまで足が進まず、途中で何度か休憩。
今年は随分楽にトランジッションを済ませることができました。
どこぞの記者さんにインタビューされ、快く答えながらバイクの準備を終了。
行ってきますと声を掛け、バイクスタートです。

ハラポンさん スイム 32分25秒 総合117位/390人 年代別41位/117人
マーチン   スイム 30分48秒    91位        19位/ 50人
のんち    スイム 28分12秒    47位        12位


バイクスタート後、すぐに10人くらいに追い抜かれました。
しかし、徐々にスピードもあがり、数人は抜き返しました。
が、結局2往復目に一気にスピードダウン、足も攣りました。

ハラポンさん バイク 1時間12分23秒 総合55位 年代別25位
マーチン   バイク 1時間11分19秒   40位     8位
のんち    バイク 1時間13分19秒   73位    13位

さすがバイクチームです。
初心者の僕を除けばかなり速いタイムで帰ってきました。
マーチンに至っては、年代別一桁です。

最後のランのトランジッションで、マーチンの肩を叩き「がんばれよ!」
本当は僕のほうががんばらないといけないんですけどね。
走り始めて1kmも経たない間に10人に抜かれました。
その後もマーチンを含め、40名くらいに抜かれ、撃沈w
ただ、目標としていた「絶対に歩かない」と「1時間を切る」は達成できたようです。
エイドでも一歩も歩かず、ひたすら走りました。

途中で嫌になりましたが、少しずつでも進んでいけば、ゴールは近づいてくると言い聞かせながら
一歩一歩ゴールを目指して走ります。
ランのとにかく苦手な僕は、女性にも3〜4人に抜かれました。

最後の登りに差し掛かるところで、島の人に
「おかえりなさい!」と声を掛けられました。
非常に感動し、自然と足が前に出ました。

ゴール手前でアナウンスが
「ゼッケン48番篠原選手。バク転に期待しましょう!」

はい。やりました。
最後の力を振り絞って飛びました。
そして無事バク転を済ませ、ガッツポーズでゴールです!

本当に疲れましたが、また来年も参加したいですね。
ハラポンさん、マーチン。来年も是非参加して、今年のタイムを少しでもうわまりましょう!

ハラポンさん ラン 55分41秒 総合189位 年代別67位
マーチン   ラン 52分20秒   146位    28位
のんち    ラン 55分35秒   187位    32位

トータル
ハラポンさん 2時間40分29秒 総合114位 年代別45位
マーチン   2時間34分27秒    74位    16位
のんち    2時間37分06秒    94位    20位

おつかれさまでした!

by のんち

[PR]
by onmac2004 | 2006-08-27 22:00 | Comments(0)
トライアスロン バイク+ロード自主練[2006年8月20日]
まっつ & のんちで砥部〜長浜往復を走ってきました。
(COZYも都合で柳谷から自走で参加予定だったのですが、シューズ忘れちゃ走られない)
のんちの参加する中島トライアスロンのバイクの時間に合わせて、11時集合でスタート。
昨夜、ソフトの試合でのんちは足に痛みがああるとのこと。
が、COZYから本番に向け35〜40kmで練習しないとと言われていたので
とりあえずそのペースで走ることに(40kmキープは難しいけど35kmくらいで)
伊予川内線から56号を横切り、双海方面へ。海岸線に出たところでのんちが先頭に。
本番に向けいい調整ができているみたいで快調に走っていたけど、
DHバーは首と腰に負担がかかってしんどいみたい。
(まっつも首のこりから長時間の前傾姿勢は指先がしびれる、
 COZYと走った三坂峠の下りは正直やばかった)

昼食は長浜のより道?とかいうカラオケ喫茶で長浜チャンポンを。
味は南予のチャンポンらしい甘めの味付け。
ただしキャベツが少なく、ワカメが入っているのが×(個人的に)。

復路はまっつが先頭に。なんかあっという間に双海の道の駅に。
二人で夕焼けバニラソフトを食べました。
もちろん砂浜(水着のおねえちゃん?)を見ながら。
峠を越えたところで再びのんちが先頭に。松前で解散し、それぞれ帰路につきました。

帰宅後、スミトと酒樽村へと思ってたんですが、お隣さんが遊びに来てたので中止に。
(スミトはただいまロン毛で後ろをくくってます。のんちが女の子と間違えたし)

↓DHバーが装着されたのんちのジャイアント。

d0085309_2274789.jpg

[極楽(に行った?)トンボ]
海岸線を走っていたらトンボが結構ぶつかってきました。
35km/h程度でも避けきれないんでしょうか。
特に吃驚したのはヘルメットにぶつかってきたトンボ。
ガシャガシャという音でスリット部分に入り込んだんですが、
指で追い出そうとしたんですが、すでにその時は逃げてたみたい(音もしなくなったし)。
家に帰って汗だくになったヘルメットを洗ったんですが、
なんとトンボが挟まってました。あの状況を考えると、ひょっとして即死?合掌。

by まっつ
[PR]
by onmac2004 | 2006-08-20 23:06 | Comments(0)
WINNERジャージちょい見[2006年8月19日]
OCHIさんところで、新しいWINNERジャージのデザインを見ました。
なかなかきれいなジャージでしたよ。
白基調でロゴはウイリエール風、象があしらって・・・・・・乞うご期待。
[PR]
by onmac2004 | 2006-08-19 20:00 | Comments(0)
久万高原へいらっしゃい[2006年8月15日]
参加者はCOZYとまっつ。
まっつ自宅から国道33号線へ。標高720mの三坂峠(平均勾配5%)を越え、
久万高原町から石鎚スカイラインに向かう面河渓谷まで往復110kmを走ってきました。
前日下痢で体調を崩しているはずのCOZYのほうが元気、まっつは終始遅れ気味。
暑さだけじゃなく、ここのところの不摂生が響いたようです。

旧美川村の御三戸から左折し、COZYオススメの面河渓谷沿いにある茶屋。
たどり着いたら火曜なのになんとお休み(水曜定休)。普通に考えたらお盆休みでしょう(笑)。
仕方がないので引き返して、ふ○さと食堂なる店で昼食をとることに。
COZYはおでんとおにぎり、まっつはジャガイモの田楽とソバを食べたんですが、
田楽はまだしも、ソバは「京都でもこんな薄味はないぞ」というくらい酷い代物でした。

by まっつ
[PR]
by onmac2004 | 2006-08-15 21:36 | Comments(0)
それぞれの盆休み[2006年8月13日]
[四国にて]
OCHIさんのところから際々のメール。
早明浦ダムのツーリング企画のお知らせが入りました。
たしか8日くらいだったでしょうか、道の駅「木の香」9時集合で、
高知県本川村道の駅から早明浦ダム堰堤の往復コース。
先頭グループが折り返してきたら、後続グル−プもそこから引き返すルール。
参加者はCOZY、べーヤン、ハルちゃん、トップさん(コロンビアじゃないよ)、
テツ、ハラポン、ノリ、マーチソとメンバーから8人参加。
お盆なのに、家族と一緒に行動しなくていいのと心配になるくらいの参加状況。
なかなか充実して楽しいツーリングだったとのことでした。
(話を聞く限りほとんどレースみたいだったけど・笑)
テツがガードレールに激突したのと、COZYのバイクが車のキャリーから落下したらしい。
テツはたいしたケガじゃなかったみたいで一安心。
COZYのバイクはマーチソの姿を見た途端に落下したみたい。
流石マーチソ。いい仕事しますわ。

[広島にて]
嫁(まっつ)の実家に2泊3日の予定で帰省。
2日目に恒例?の備後路ライドに出かけました。
昨年は島根との県境にある赤名峠(トンネル)で引き返したため、
島根県まで行けませんでした(知らなかったので)。
今年こそはと意気揚々と9時に出発。
しばらく走ると7%、8%、9%、8%、9%と心躍る数字のアップダウンが続きます。
20kmほど走って国道に出て川沿いに北上、快適なライドです。
が、鵜飼で有名な三次市(MAZDAのテストコースも)に入ってしばらく走ると・・・・
突然何かに乗り上げ、シューッという音が。
乗り上げたのは4cm角の砕石。はじめてのリム打ちパンク。
フロントホイール外しスペアのチューブに交換して、
さあ走ろうと思ったら、リアのタイヤもペチャンコじゃないですか。
なんとダブるパンク。もちろんスペアのチューブはなく、リタイアとなりました。
走行距離39km。写真は余力を残してのリタイアで元気いっぱいの男です。

by  まっつ

d0085309_20364323.jpg
[PR]
by onmac2004 | 2006-08-13 20:00 | Comments(0)
ONMAC DAiLY NEWS 発刊?
諸事情により、ヒロヤンの送別会から更新されないでいた朝練日誌を、
ONMAC DAiLY NEWS として再スタートさせます。
デイリー?日刊かよって野暮なつっこみは抜きにして、
今まで通り(頻度を上げる努力はしますが)でお願いします。

d0085309_2222025.jpg
[PR]
by ONMAC2004 | 2006-08-10 16:51 | Comments(0)