<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
久しぶりのしまなみ朝練 [2007年5月27日]
宵っぱりの朝寝坊っていうのは体内時計のなせる技らしく、
ある程度は生まれつきのものらしいです。
夜になるほど頭がスッキリとして活動的になるのは、
仕事柄ありがたいことではあるんですが、朝練にはまったく持って不向き。
余裕を持って起きたつもりがカラダが動いていないのか、
糸山ターミナルに着いたのは、集合時間の8時チョイ過ぎ。
皆さん、毎回お待たせしてすみません。
ウィークデーも早起きを心がけ、体質改善には励んでいるんですが・・・・・

今回参加したのは、メンバー以外の2人を含む11人。
COZYと久々の原田パパ、はるちゃん、OGA、Shin、Nori、MisaMisa、須藤さん、金くんと僕。
途中合流でべーやん。
そうそうはるちゃんはニューバイクのピナレロ。

前日も風が強かったので心配していたんですが、案の定風が強い。
来島海峡大橋は行きは追い風なので大丈夫だけど、帰りは向かい風。
吹き飛ばされるほどの風じゃないけど、あの高さがプラスされるとマジで怖い。
走りはじめから、帰りのことを心配してても仕方ないとは思うんだけど・・・・
自転車や歩行者とのすれ違い、特に小さな子供の自転車を追い越しは、
挙動が予測できないので緊張の瞬間ですね(笑)。

今日のコースは、いつもの大三島一周コース。
とりあえず多々羅しまなみ公園を目指して走りました。
大島で早々にできたグルペットは2つ。走れている集団とそうでない集団。
ただし、走れてないグルペットに入っていたOGAは走れてないわけじゃなく、
入ってくれていたみたい。感謝です。もちろん僕は走れてないからいたんですが。

ところどころでローテーションなどやりながら多々羅しまなみ公園に到着。
ここでのお約束なのか「しあわせの鐘」に、はるちゃんが向かう。

d0085309_1644975.jpg

その昔、しまなみのイベントの仕事をしたとき、お願いしていた町の三役さんが来てくれず、
しかたなく僕がその時のクイズの○×を出すことになった。
当日のニュース、後日オンエアされたTV番組にしっかり映っていてゲッソリしたことがあった。
それがちょうどこの鐘の下でしたね。

d0085309_1653377.jpg

そんなことはどうでもいいけど、岡山からのサイクリストの集団と出会う。
メンバーの何人かと話していたけど印象に残っているのは、
ミッシェル・ウィーによく似た女の子。何がって全身から醸す雰囲気がそっくり。
じっくり(韻を踏んで)見たらそうでもないかもしれないけど。似てたよね、Nori。

後半は大三島一周。アップダウンも激しくなってここからが本番です。
COZYは、先行組みを煽ってたと思ったら、
後ろに下がってきて遅れ気味なメンバーを鼓舞してたりする。
こりゃ大変だとは思うけど自分の脚力では無理!ただただ感心+感謝。

途中、久々のライドでへばりぎみの原田パパがショートカット。
待ち合わせはいつものコンビニだけど、「消えたてっちゃん事件」のことがみんなの頭によぎる。
まあ携帯も持ってるし、走り慣れてて庭みたいなもんだから大丈夫でしょう。

海岸線を走っていたらいつの間にか白いジャージが一人増えてる?
今日はShinとNori、そして金君の3人のはずなのに・・・・・・
正体はべーやん。ラッパのお仕事を済ませての途中参加でした。

この時季、島には枇杷や野苺などがいっぱい実っていて、それをべーやんが見逃すわけがない。
もちろん畑や人ん家の庭先からいただくわけじゃなく、
道路沿いに生えてるのを食べたりしたんですけどね。
枇杷などけっこう小粒で、どちらかといえば酸っぱい、けどこれが疲れたカラダには本当に美味しかった。

d0085309_16231241.jpg

コンビニで原田パパと無事合流。ここでオルカに乗ったローディと出逢う。
岡山のチームに所属していて、チームでしまなみを走る時の下見にきてるとのこと。
途中までご一緒したんですが、いつの間にかいなくなったのは亀老山にでも上ったんでしょうか。

来島海峡大橋は案の定風が強く、朝と違って人も増えてて、
本当に恐々、イッパイイッパイで渡ることとなりました。
傍から見てたら変だったでしょうね。前それも若干下方しか見てないし。固まってるし。

ひとまず糸山で解散!
帰りは玉川ルートで帰ったんですが、松山に入ってすぐに渋滞に遭遇。山火事だったみたい。

d0085309_16381740.jpg

by まっつん+
[PR]
by onmac2004 | 2007-05-27 23:00 | Comments(0)
朝ご飯を食べに今治へ [2007年5月26日]
今日は先週の朝練に参加したキムくんと練習する予定だった。
今週から平日の朝練にキムくんも参加することになり、雨で中止の金曜日以外はちゃんと起きて来た。
どうやら本気でロードにのめりこむつもりらしい。
ということで、今日は朝練を兼ねて今治の「海が見えるカフェ」まで朝食を食べに行くことにした。
このカフェは以前はるちゃんから教えてもらっていて、練習にはちょうどよい距離。
金曜日の夕方、OGA!からも参加表明をもらい、3人で行くことに。

朝、社宅に5時50分集合。
階段を降りていくと、涙目のキムくん。
「チューブ、壊シチャイマシタ」。
「えぇ!?、ごめん意味分かんない」と自分。
前輪を見るとチューブのバルブのネジ山をへし折っていた。
「空気入レテタラ折レチャイマシタ」。
その手にはフレームポンプが握られている。
「つーか、このポンプ緊急用だし、それに使い方まだ教えてないし・・・」。
OGA!との待ち合わせの時間もあるので、前輪ごと交換していざ出発。

集合時間に5分遅れるもOGA!は笑って許してくれた。
サンキューです。

R13〜R196というルートで向い風のなか今治へ。
湯ノ浦の手前の干し立て網付近で少年が車から声援をくれた。
応援してもらえるとなぜか嬉しい。

バリュー手前で☆COZYにメール、「今治にOGA!と来ていてこれから海が見えるカフェに行きます」。
即☆COZYから電話、「俺もすぐ行くわ」。
どうやらベーやんとはるちゃんとの朝練の後らしい。

8時に糸山CTに着いてしまったので、9時OPENまで皆でしゃべって時間つぶし。
やってきた☆COZYとカフェへ。

カフェにはデッキがあり、そこに場違いな格好をした3人と☆COZY。
とりあえず見晴らしは最高。
ただし、日差しは強い。
そんな中、男どもはモーニングをむさぼる。
異様な光景・・・。

d0085309_1714687.jpg

☆COZYは奥さんの接待に帰り、OGA!も午後から仕事があるので引き返すことに。
「帰りずっと向い風だったら嫌だね」と3人。
予想に反し、ほとんど追い風。
ラク〜にとばして帰りましたとさ。

帰り道、女子高生に「頑張れ〜♪」と声をかけられたことや、ワールドプラザ手前でOGA!がパンクしたことは言うまでもない。

走行距離:90km

by NoRi♪28号
[PR]
by onmac2004 | 2007-05-26 17:18 | Comments(0)
石鎚山TT試走 [2007年5月13日]
こんにちは、NoRi♪28号です。
実はONMACの練習に出るのは久々です。

9時ちょっと前、加茂川沿いをOGA!と走っていたらテンションの高い☆COZYに会う。
昨日のしまなみのままである。
まさか、寝ているときも・・・?

集合場所にはべーやん、はるちゃん、Shin☆がすでにいる。
来ているということは、Shin☆の昨夜の合◯ンはイマイチ!?

ハラポンと鈴木さんを待っていると、鈴木さんが誰かを連れているではないか。
ん、スペシャ?ん、TTバイク?
・・・、もしや、もしや、そうなの?
日本食研の元トライアスロン選手、須藤さんではないですか〜。
隣にいるのは、あちゃ〜、やっぱ奥さん。
旦那は元IRONMAN選手、奥さんは昨年の中島トライアスロンの女子の部優勝者。

d0085309_1032893.jpgd0085309_10321989.jpg

もー、今日の練習は強度上がること間違いナス(汗)。
スタートしてしばらくすると須藤さん独走態勢。
第一集団はOGA!、はるちゃん、須藤さんの奥さん、べーやん、自分の5名。
第二集団は☆COZY、ハラポン、Shin☆、鈴木さん。たぶん・・・。
最後の坂でOGA!がアターック。みんな千切れる。
はるちゃんは須藤さんの奥さんとゴールスプリントをして勝ったそうな。
恐るべし、女性対決・・・。

みんな目標タイムはクリアしていない様子。
あと3週間あるので調子を上げていきましょう。

はるちゃん、パンごちそうさまです。
耳の食感が僕の好みでした。
あ、それとロープウェイ乗り場の売店のおじさん、ショウガ煎餅ありがとうございました。

by NoRi♪28号
[PR]
by onmac2004 | 2007-05-13 14:18 | Comments(1)
しまなみ練習[2007年5月12日]
今日は今治〜尾道までの約145kmのしまなみ練習。
メンバーは、☆COZY、ハルちゃん、NoRi♪28号、OGA!そして自分の5名。

d0085309_0422874.jpg

朝7時にいつもの糸山CTに集合。
一番遠い自分は4時起き(眠いヨ〜)で30分前ぐらいに到着。
続いてNoRi♪28号(OGA!同乗)、ハルちゃん、☆COZYの順で時間通りに到着。
各自が出発準備中だけど、前日に「チームジャージで」というメールがあった為に
駐車場には赤い軍団が出現(゜ロ゜)
7:30頃 天気は快晴、でも朝早いため肌寒く感じるなか赤い軍団は糸山CTを出発。

来島大橋を降りる頃には体も温まり、早速5人で30km/h前半を目安にローテーション練習開始。
途中の登りパートでは早々に千切れる自分(TwTlll)。
でもいつも上で待っててくれるメンバー。m( _ _ )mご迷惑をおかけします。

それでも多々羅しまなみ公園に到着。
するとテンション高め(?)なNoRi♪28号がいきなり「しあわせの鐘」を鳴らし始める。

d0085309_0344566.jpg

公園のベンチで休憩を取った後、夕方から仕事のハルちゃんとはここでお別れ。

d0085309_0431643.jpg

帰りの道中の無事を祈りつつ、みんなでハルちゃんを見送る。
そして残った男4人は一路尾道を目指し、気合いを入れて再出発。

生口島〜因島〜向島と島内の一般道ではローテーションの練習をくりかえす。
しかーしそのペースが徐々に上がっていき、
気付けば40km/h超えの数字がメーターにちらほら。
そうなると登りパートだけじゃなく平地でも千切れる自分(´・▲・`)

10:40頃 何度か千切れながらも、メンバーの優しさのおかげで無事目的地の尾道に到着。
約3時間での到着は結構ハイペースなのでは・・・?

まずは腹ごしらえ。尾道といえばラーメン!!
でもみんなが選んだお店は「ミスタードーナッツ尾道ショップ」!??
飲茶セットを注文するメンバー。確かにラーメンついてるけど・・・(汗)
お店の奥を陣取ってると、2つ隣りの女性が結構大きな声で独り言(?)を言っている。
その女性が気になりながらも食欲には勝てず、あっという間に全員完食!
そして先日のツールド国東の話をしながらしばらく休憩。

話が一段落したところで店を出ると、尾道初体験のOGA!と自分のために☆COZYが
デザート代わりにほうじ茶ソフトのお店に案内してくれた。
途中商店街を通ったが、おそろいのジャージが
かなり目立ってたようでちょっぴり恥ずかしかった。
ほうじ茶ソフトは食べると確かにほうじ茶の香りがして、適度な甘さがとてもおいしかった。

12:00頃(たぶん?) お腹一杯で尾道を出発!
向島〜因島〜生口島でのローテーション練習は30km/h台での強度の高い練習となる。

途中、多々羅大橋の入口付近で☆COZYとOGA!が袋入りの果物(?)を買ってくる。
二人は袋を持ったまま橋を渡り、数時間ぶりの多々羅しまなみ公園に到着。
早速、買ってきたレモンとサンフルーツ(初耳です)を食べるメンバー。
サンフルーツは甘酸っぱくておいしかったけど、レモンは涙が出るほどの酸っぱ
さだった。
レモンをオレンジみたいに外皮を剥いて食べたのは初めてでこれが最後だろう!
口の中に酸っぱさが残る中、糸山CTを目指し出発。

15:30頃 当初の予定到着時刻よりも2時間半オーバーしながらも全員無事到着。
着替えを済ませて練習の途中で話してた☆COZY宅へと車で出発。

☆COZY宅で食事をご馳走になりながら、2年前のミッドナイトエンデューロを見せてもらう。

17:00前 翌日の石鎚TTの練習のために☆COZY宅を出発。

☆COZY&奥さんおいしい食事をご馳走様でした。

自分的にはいろいろと多くの課題を見つけることになった今日の練習でした。

お疲れ様でした。

by Shin☆
[PR]
by onmac2004 | 2007-05-12 21:00 | Comments(0)
一足先に石鎚山TT試走 [2007年5月12日]
朝7時糸山集合のしまなみ錬は流石に早すぎるし(8時集合でも眠い!)、
日曜は地区の井手掃除のため(翌日は筋肉痛です)、
ONMACの日曜練には参加できないので一人で石鎚山TTの試走をと考えていたところ、
ハラポンの「明日は近場で自主錬」の書き込みを見て早速連絡。一緒に走ることにしました。

朝には強い二人の集合時間はもちろんゆっくり。
ハラポンはニューバイクのクォータ。
で僕の方はキャノンデールがドックに入っているのでバッタリンでの試走となりました。

ところで補給食に到来物の外郎を持っていたんですが、
以前食べさせたジンギスカンキャラメルで懲りているのか、
ハラポンにはすぐには受け取ってもらえませんでした(笑)。

10kgを軽く超えるバイクのせいか、それが自分の限界か。
なかなかスピードは上がらず去年のタイムより3分ほど遅かったですが、
最後の上りもあまり長く感じられなかったし、まだしばらくあるし大丈夫かなと(何を根拠に)。

d0085309_22225219.jpg

ゴール地点では御多分に漏れず売店のオジサンと話をして、
ハラポンのニューバイクにも乗せてもらいました。
サドルポジションはチョット高かったけど、なかなかいい感じでした。
カーボン特有なんでしょうか、やさしいというか乾いたような独特の乗り心地でした。

さてハラポンからの提案ですが、
ロープウエイ乗り場にある石鎚山温泉に今度行きましょうとのこと。
問題は入ったあとにまた走って下るのかどうするのかですね。

by まっつん+
[PR]
by onmac2004 | 2007-05-12 20:10 | Comments(0)
ツール・ド・国東奮闘記[2007年5月3日]
「とうとう来てしまった感じ」の5/2。ツール・ド・国東への出発日だ。
正直不安一杯胸一杯である。
なんせ年末からろくに乗っていないのだからぁ〜と自分に言訳しつつ、
急いで仕事から帰宅し自転車を積み込む。
マーチンを新居浜駅、大西さんを御自宅付近でピックアップし今治組との合流地点へ。
さらに川内インターで松山組と合流。
総勢12名の大所帯だ。これだけの人数で車3台なのだから
如何にベーヤンさんの改造車(笑)が凄いかが判る。
なんせ自転車7台収容してるのだから!!

そのまま高速で移動し八幡浜港から別府行のフェリーに乗る。
流石にGWとあって大混雑!! 寝る場所どころかまともに座る事も出来ない状態!!
少しでも寝るため割り切って床に転がる。
フェリーは約2時間半で別府着。殆ど寝られなかった。みんなも同じ様子。
とにかく会場まで移動する事にする。途中迷いながらも何とか到着。
他の車は殆ど居なくて一番乗り状態で気分がいい。

AM6時過ぎまで仮眠をして混まない内に受付を済ます。

d0085309_114344.jpg

続々と参加者が集まって来ていて早い人はアップしてたりする。

時間に余裕があるのでゆっくり着替えをしてからバイクの準備をする。
だんだん気分が高まってくる感じが心地良い。
AM8:20より開会式に参加。自分は少し遅れて行くと何故かみんなは最前列に居た。
(翌日にその理由が判明)

d0085309_1185751.jpg

( 翌日の西日本新聞に載った!ただし右下の小さな写真)
d0085309_1549459.jpg

いよいよAコース160km出発である。
出発ゲート付近で周りを見ると800番台後半のゼッケンが居る。
と言う事はAコースは大体900人位だろうか?
総参加者約1900人だから半数近くがAコースの訳だ。
AM9:00スタートの号砲!!。いよいよ長い一日が始まった。

(翌日の大分合同新聞にもこの写真が載った!ただしモノクロだったけど)
d0085309_15581937.jpg

ところで今回余りに練習不足の自分は密かに作戦を考えていた。

①最大の目標は「完走」である。

 (正直50%位しか自信無し)

②その為に敢えて「ONMAC TRAIN」には乗車しない。

 (要は少しでも足を使い切るのを遅くする為)

③70km辺りから来るであろう「足の痙攣」に備え、
 "アミノバイタルプロ"をエイド毎に服用

 (気分はドーピング(笑))

スタートしてすぐに左足のクリートが上手く入らず少々もたつく。
何せ周りにウジャウジャ居るので少しふらつくだけで接触しそうになる。
何とか体勢を整え周りを見ると既にONMACの皆さんは居なかった・・・。
まぁこれも想定内と気を取り直して集団で走る。
結構先頭でスタートしたので200番位の位置じゃなかろうかと勝手に思うが正直全く判らない。
取り敢えず隊列に乗って市街地を走る。まあ順調(当たり前)。
しかし各交差点に警察官が居て交通整理をしているのには驚いた。
やはり愛媛センチュリーとは訳が違うって感じだ。
10km程走った頃だろうか、軽い登りが始まった途端にガンガン追い抜かされ出した。
これも想定内だが自分でもびっくりする位遅い(笑)。
しかし完走の為には自分のペースで走るしかないのだ・・・。

とにかく「無理をせず」とマイペースだったのだが15km過ぎにアクシデント発生!!
少し集団の中が詰まっていたのだが、前の人の後輪に接触してしまい転倒!!
ついでに後ろの一人を巻き込んでしまった。
何とか起き上がり巻き込んだ人を見ると、ケガは無い様だが右のブラケットが歪んでしまっていた。
自分のバイクは無事だったが右肘と右膝に擦り傷が出来てしまっていた。
必死に謝罪をし再スタートを手伝う。何とか無事再スタート成功!!
それから自分も慎重に再スタートする。
登りでスピードが出て無かったので為軽い怪我で済んだ様な物だ。
気を付けねばと思い直す。

その後は何とかペースを守り最初のエイドに到着。
ハンコを貰いボトルにポカリを補給してから5〜6分で再スタートする。

d0085309_23172985.jpg

計算では30分程度はマージンを持ってる感じと思っていた。
しかしここから本格的な登りが始まるとあっと言う間にペースダウンしてしまう。
とにかくペダルが踏めない。一番軽いギアなのにきつくて堪らない。
「寒風山に比べたらなんて事無い坂の筈」と思ってはみるが、
あっと言う間に足が消耗していくのが判る。
おいおいまだ50km来て無いのに〜。

そしてついに「ヒルクライムポイント」到着。
この頃から左太股に少しずつ痛みが出始めてしまう。
殆ど亀の様なスピード(メーター読み6km/h位)しか出ない。
それでも何とか登り切った。
ホッとしながら下って行き2ヶ目のエイドに到着。所要時間から計算するとまだマージンは有りそうだ。
ヒルクライムポイントも終わったしこれからはそんなにアップダウンも無いだろうと
自分を納得させ10分程で出発する。

がしかしここから延々とアップダウンが続く。
ルート図を頭に入れて無いせいだが実はまだ全然国東半島の山の中だった。
左足がかなりきつくなり、それを庇うせいで右足もおかしくなり始めた。
何とか3ヶ目のエイドに辿り着くが、
スタッフが「時間に余裕が無いので早めにスタートして下さい!!」と叫んでいる状態。
体力的にも時間的にもはっきりヤバくなったのが判る。
この時点で「完走ヤバいかな〜?」と弱気になってしまった所へ
年配のスタッフが「この先まだ長いので自信の無い人はショートカットを教えます」とアナウンスしてたりする。
つい釣られそうになるが意地で出発。しかしここからは左足の痙攣との闘いだった。

行けども行けども海岸線は見えて来ない。
軽い登りなのに一気に登れずとうとう立ち止まってしまう状態にまで来てしまう。
本当に騙し々で走るしか出来ない。
この辺りから痙攣したらすぐ停まれる様に左足のクリートは外して漕ぐ。
でないと転けそうな気がした。
何とか海岸線に出ても景色を見る余裕は全く無かった。(潮干狩りをしている人達は羨ましかったけど)

d0085309_23271653.jpg

ヘロヘロで4ヶ所目のエイドに辿り着く。昼食ポインドだ。
ハンコを貰ってバイクを降りて見てみるとまだワンサカ休憩しているではないか!
しかも昼寝してるヤツまでいる!
これはもしかしてONMACの誰かいるかもと思ったが流石に誰もいなかった。
少しホッとしてとにかく腹ごしらえ。
バナナ2本にイチゴ、それとおかずの煮物を貰って食べる。
その後トイレに行って20分弱で出発する事にした。

出発が13:50分位だっただろうか。
「ここから後60km、アベレージ20kでギリギリ!?」
この時点で制限時間内には完走出来んな〜と殆ど諦めてしまった。
今の調子だと完走で精一杯だろうし。

d0085309_23421974.jpg

出発したもののここから大分空港までが死ぬほど長かった。
左足は殆ど痙攣しっ放し状態で何度も立ち止まってしまう。
20km以上のスピードが出るのは下りのみ。
去年の愛媛センチュリーの最後もヘロヘロだったが今回はそれ以上にヘロヘロだ。

140km辺りでCOZYよりTEL。
ついつい目の前にあったローソンでストップしてTELするとどうも後15km弱らしい。
しかもチームの皆さんが待ってくれてるみたいだ。
もしかしたら時間内でゴール出来そうな感じだし、
「やっぱり最後まで走らんといかんやろな〜」と思い直す。

残り10kmは自分でびっくりしたが30km位までスピードが上がり出した。
左のクリートは外したままだが殆ど平坦なお陰だろうか、
5〜6人は抜く事が出来た。何か時間内完走出来そうな感じでチョビっと空元気が出る。

d0085309_12732.jpg

住吉浜リゾートパークへの曲がり角を曲がってゴールが見えて来た。
「ONMACの皆さんいたら照れくさいのぅ」などと
思っていたら本当に出迎えてくれていた。
正直ハラポン式のガッツポーズ(笑)でゴールしようと狙ったが
グランドのデコボコでタイヤを取られそうになって中途半端なゴールインになってしまった。

タイム7時間53分25秒。順位810位。飛び賞のオマケ付きでした。

(ちなみに賞品は羊羹でした)
d0085309_23375184.jpg

ONMACの皆さんこんなヘロヘロを出迎えてくれてありがとう。
やっぱりチームはいいもんです。ついでに打ち上げのビールも最高でした!!

by テールエンダー(テツ)
[PR]
by onmac2004 | 2007-05-04 23:31 | Comments(0)