<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
表ONMAC[2008年4月29日]
GW(正確にはGWぢゃないけど),一日だけ自分のために使わせてもらえることに。
距離を乗りたいな~と思ってたけど,国東前なので100km以下ということで,しまなみに行くことになりました。

少しでも距離を稼ぐためにCOZY宅から自走で行くことにし,OGAも道連れ。
例のごとくCOZY宅で朝コーヒーをいただく。
奥さま、いつも手ぶらで申し訳ありませぬ。

d0085309_12554338.jpg

糸山ターミナルに着くと,連休のせいか大勢の人で賑わっている。
団体客,カップル,サイクリングジャージを着ている人など様々。
なるしまジャージを着ている人を発見,わざわざ遠くからご苦労さまです。

ゆるゆると来島海峡大橋を渡っていると,向かいから見たことあるジャージが。
前でCOZYが叫んでいるが,よく聞き取れない。
なんと向かいから来たのは上田さんであった。
そして強制的に吸収。

あ,そうそういい忘れてたけど,今日のメンバーは以下のとおり。
 夜勤明けのハルちゃん
 いつものテッちゃん
 やる気満々の真鍋さん
 いつものCOZY&OGA(ペアです)
 イケてるグラサン(死語?)の上田さん
 いつもの自分

d0085309_14391936.jpg

大三島では例によってバトル勃発。
熱いのは日差しだけぢゃなかったのね。

大漁に行く途中,ボッコ製菓に寄って極秘スイーツを入手しようとするものの,まだ準備中。
しぶしぶ諦める。

d0085309_1440105.jpg

大漁の海鮮丼,とてもリーズナブルでとても美味しい。
しまなみに来たらほとんどと言っていいほど食べにきている気がする。
たぶん次もまた来る。
d0085309_1315835.jpg
大漁からは分かれ道。
お疲れのハルちゃんは来た道を帰り,国東が控えているCOZYとテッちゃん以外は大回り。
伯方SCで待ち合わせ。

途中,真鍋さんの連続パンクのトラブルがあるものの,巧みなチームワークで回避。
伯方SCではハルちゃんが例の極秘スイーツ「いちご大福」を買って待ってるというサプライズもあり,
とっても楽しいツーリングでした。

by NoRi
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-30 17:10 | Comments(0)
裏ONMAC[2008年4月29日]
Noriの発案でCOZY以下何人かのメンバーは「しまなみライド」。
3日の「ツール・ド・国東」に向け最後の調整に走るとのこと。
僕の方はといえば、やっと自分から走る気になったICHISUKEを連れて自主練にしました。
(4日に実家のある愛南町までロードで行くとも言ってますが・・・・・)

バタバタしてる間に出発は9時前。
いつもの酒樽村は避け(日曜以外は砕石場のダンプの往来があります)、
10日前に走った東温市の水越方面へ向かうことにしました。

昼前から部活があるとのことなので(高校受験が終わってもホント忙しそうです)、
この前写真を撮った桜を目標に走りました。残念なことにすっかり葉桜になってましたが。
満開だった桜も今はほとんど葉桜。ここで折り返して帰宅。
走行距離27km程度、高低差250mくらいでしょうか。愛南町へのロングライドはぶっつけ本番です。

ICHISUKEを送り出したあと、もう少し走りたかったので再びロードに跨がり今度は黒森峠へ。
重信川を越える辺りで前方にローディが一人。
いいペースで走ってるので、距離を置いて勝手にペースメーカーにさせてもらいました。
この方が黒森峠コースに右折する手前でUターン!?なんとローディはエキップUのナカムラさん!!
Uターンではなく脇道から黒森峠コースに入るとのこと。せっかくなんでご一緒させてもらいました。
一人より二人の方が楽しいライドになります!!苦しさは同じですが。
実のところしんどかったら白猪屋で引き返したらええやんと思ってたんですけど、
せっかく一緒に走れるんだからと最後まで上ってしまいました。
峠でしばらくナカムラさんと談笑し、ここでお別れしました。本当にありがとうございましたm(_ _)m。
ナカムラさんは久万高原町を走って帰られるとのこと。
上る前に「一緒に行きません?」と誘われましたが、頂上で脚が売り切れになるのがっ分かってましたので(^^;ゞ。

走行距離55km程度、高低差880m。帰りに自販機でラーメン買って帰りました(未食)。

by まっつん+
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-30 11:48 | Comments(2)
ON MAC 練習会 石鎚TT[4月27日]
今日の練習会は石鎚TT。
朝7時過ぎNORIが来る。彼は自主練で糸山ターミナルまで早朝練習の帰り。
家庭を大事にしつつ自分の趣味をするのは大変。
自分は好き放題して来たから・・・
誕生日プレゼントにうまか棒の色んな味セットを頂く。

まもなく原田パパも着てCOZY宅集合のほかのメンバーを待つ。
ベーやん、するめ、はせやん到着。

d0085309_1535243.jpg

アップを兼ね西条トリム公園へ向かう。
中山川沿いでNORI するめがバトル開始。
仲間と走る時は仕掛けたいよね・・目一杯やりな!

トリム公園ではまっつ、OGA,少し遅れてマーチン(香川から自走)

d0085309_1530539.jpg
d0085309_15415427.jpg

揃った所でスタート。ちょっと出遅れる。
前に付けたらよかったとも思ったが今日のところは・・・

OGAを先頭にするめ、ベーやん、まっつ COZY、マーチン。
黒瀬ダムを上りきった所でかなり離されている。
今日の調子だと詰まらないだろうなと弱気。

河口では見えてたまっつ、ベーやんも徐々に見えなくなる。
足は回ってるけどギア1~2枚軽め。
最後アウターでダッシュ。多分51~52分台。

マーチン、原田パパ、ハセやんゴール。

するめは木の香に上る為、先に下山。

d0085309_1419518.jpg

茶店の野口さんと少し話して下山。

黒瀬峠手前で NANO、MASAとすれ違う。今日は一緒に走れなかったけど
同じように練習できてる。

d0085309_154976.jpg

黒瀬峠にて解散。今治組は小松経由~今治。

まっつ談 調子が悪かったけど49分台。本番は46分切るって!

d0085309_1415432.jpg

BY COZY
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-27 22:36 | Comments(0)
八幡浜片道ライド[4月26日]
八幡浜在住の知人、菊池さんが個展を開くとのこと。
送られてきたDMに「自転車で来てね!」と書いてあったので一人で行く計画を立てていると、
DMを見た家内も一緒に行きたいとのこと。
仕方がないので現地集合でそれぞれロードと車で向かうことに。
コースは愛媛センチュリーランでおなじみの海岸線。
気持ちよく晴れていたんですが、途中からしっかりと向かい風でいい練習(嘘)になりました。
サイコンの調子も悪かったりして(バッテリー切れ)、予定より40分遅れで到着。
さらに遅れてきた家内と合流、八幡浜名物のちゃんぽんをロンドンで食べてから会場へ。
菊池さんの創る篆刻看板の素晴らしさは知ってたんですが、
版画(特に花を題材にした作品)も同様に素敵でした。

d0085309_23322913.jpg

ひっきりなしにお客さんがやってきて、菊池さんとゆっくり話すことも出来ませんでしたが、刺激を受けて帰ってきました。
篆刻の教室がエミフルで6月から開講されるとのこと。興味がある方はぜひ。

d0085309_1334340.jpg
菊池さんのホームページは、
http://www.mtmouth.com/toshi/index2.html

帰路はロードは車に積んでユルユル帰りましたが車で走っても結構な距離。
いつもながらなんでしんどい思いをして走るのかなあとブツブツ独り言(笑)。

遠出した楽しみはその土地で見つけた菓子屋で和菓子を買って帰ること。
八幡浜の商店街の創業明治三十年の宮川菓子舗で饅頭数種と春がすみなるお菓子を。
次回はゴージャスなチョコボックスにチャレンジです。

走行距離は80km程度。

by まっつん+
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-26 23:27 | Comments(0)
ウインドブレーカー
オーソドックスがいちばん!?

d0085309_16475495.jpg

捨て案?
d0085309_1636921.jpg


どういうシチュエーションで着るか。
レースはもちろんだけど、アフターに着る機会が多いのであればバックはこの方が・・・・・。

d0085309_164553.jpg


赤の面積が増えるので少しぼけた感じになります。
ラインを引くことで少しシャープな感じに。

d0085309_1752734.jpg
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-25 16:23 | Comments(1)
ON MAC 練習会[2008年4月20日] 
今日の練習会はツールド国東に向けロングライドを予定。
山岳を入れ大永山~三島~新居浜一周。

参加者はCOZY、OGA、ナベ。

d0085309_17483930.jpg

うめちゃん、ミサコは宮古島トライアスロン参戦。
HANO,するめ、マサは石鎚TTに向けの練習。
まっつ、ノンチは自主練。ベーやん村役。はるちゃん仕事等々。

d0085309_17503248.jpg

7:30するめと湯浦で待ち合わせ。行くとなぜかNORIがいる。
早朝練で来ていたみたいで一緒に新居浜を目指す。
NORIと走るのも久しぶりで話しながらのRIDE。

するめとは西条で別れ(石鎚TT練)バイパスを抜け国道11号線を新居浜へ。
NORIは奥さんのオーダーで10:00にベーグルを買いに行くということで解散。

山根グランド9:30 まだまだ時間があるのでローソンで捕食。
揚げお好み焼き、薄皮アンパン3個いり。1個食べ2個は補給食用にポッケへ。

9:30 OGA、ナベ到着
別子マイントピアを通りゆったり上っていく。
ここを登るのは2年ぶり。
あの時はみんなにデーターを取るために石鎚TTコースをそこそこの強度で走ってから
ここを登った。婆ちゃんの遺言「自転車で坂を上るな!」に従うべきだったと後悔した。

d0085309_18163687.jpg

今回もやっぱりきつい。早々にちぎれた。言い出しっぺが情けない。

LUCYは機嫌が悪い。入力してもまったりとして。上手くリズムが合わない。
まだ寝ている感じだ。

頂上で写真を撮る。
ナベとはトンネルを過ぎたところで解散。

d0085309_1816498.jpg

ここからは下り基調。きつい向かい風でスピードは乗らないが快調に下っていく。
曇っているせいか寒い。
2箇所の未舗装路を慎重にパスして20kmほど下った所で懐かしの富郷ダム。


金砂湖から少し登って一気に三島へ下る。オーバー70kmの快適ラン
「ラーメン食いてい~。」「うどん食いたい~」一人叫ぶCOZY。


うどん屋さんに飛び込んで捕食。
お腹も満たされ今治までは楽勝気分。
新居浜までOGAと先頭交代~
今治へ一人旅・・・久しぶりに満腹RIDE。

距離 160km

d0085309_1322233.jpg

教訓  ばっちゃまの遺言には従いましょう!
ちょっと気だるいけど・・すごく気持ちいい。
国東楽しみ~~!

BY COZY
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-20 22:25 | Comments(0)
観桜ライド[2008年4月19日+20日]
土曜は山を走ってみようかと昼食後に自宅を出発。
さあて井内峠にするかと黒森峠にするかと国道11号線を旧川内町へと向かいました。
途中で気が変わるのは毎度のこと、松山自動車道からよく見える
いつも気になってた緩やかな登坂でも行ってようと思い
11号と松山自動車道の高架が交差する手前を左に進路を変更しました。

想像していたのは、のどかな田園風景、願わくば桃源郷(意味不明)。
でも現実はもうじきスクラップになるであろう回収された自販機の山だったり、
資材置き場や分譲地、さらに奥に行くと なんとか青汁の工場?がある普通の風景(あたり前)。

まずは右へ右へと進路を取っていきました。
辿り着いたのは松山自動車道の脇道で行き止まり。
(桜三里のパーキングを越えたトンネル入り口あたり)

一度下って今度は真ん中の道をセレクト。
どうもこれが旧街道・金刀比羅街道のようだ。
一応舗装はしてあるものの湧き水のため、ところどころウエット。
その上予想してた以上に勾配がキツイ!!
アウターで無理して上っていて途中インナーに落とすタイミングを逸し脚を着いてしまったり(恥)。
インナーローでもキツイ(52×23)。西チャレのコースなど比じゃない。
(20%は越えてたんじゃないかと←大袈裟)

上りきったらそこには道前平野が拡がっていた!!
ってなんのことはないそこはまだ東温市。
あのスピード上ったんだから距離は稼げていないから、あたり前です。
あとで調べたら相之谷集落という場所らしかった。

しばらく下るも勾配はきつく。なぜか道が狭くなるので引き返すことに。
途中で郵便屋さんに会う。こんなところまでご苦労様です。
このルートで出会った唯一の車(ハセヤンのことを思い出す)

心配していた上りは思ったほどキツクなく、あとは下って帰ろう!!ってなことにはならず、
いちばん左のルート(水越方面)に行ってみようってな気分になりました。
いきなり結構な上りがあったもののあとは比較的緩やかな坂と思いきや、再びの激坂。
川沿いの道は勾配も緩やかなんてのは嘘です。それが渓流だから。
再びインナーローでしか上れない道へ。なおかつ下はビチョビチョ。
峠の向こうにはどんな風景が待っているのかだけを心の拠り所に上がっていたんですが、
あと少し(多分)というところで見えたのは未舗装の道。残念ながらそこまでとなりました。

走った距離は38Km程度ですが、上った高さ合計で600mほど結構ハードなライドとなりました。
(ドロドロだったんで帰ってから洗車が大変でした)

d0085309_12531789.jpg

翌日曜。のんちから上尾峠〜内子〜犬寄ライドを誘われたんですが、
出発が6時!!ということで「ゴメン無理!!」と即答(これに懲りずにまた誘ってね)。
午前中はユルユルして昼から昨日のコースへ。
流石に全コース走るのはキツイので最後のコースで見かけた桜を目標に走ることに。

d0085309_121257100.jpg

昨日の今日ですから軽快に走るというのは少々無理。
とりあえず桜まで行って、そこから先に進みはしましたが路面が乾いているところまで。
(桜は小振りだけど綺麗でした)
でも少し走り足りなかったので、黒森ルートの白猪屋まで上って帰りました。

この日はチョット控えめ?で距離は走った距離は44Km程度、上った高さ合計で500mほどです。

注)キツイ、激坂というのはあくまでも僕の主観です。
  20%を越えるという勾配もほとんど思い込みだと思ってください(笑)。


BY まっつん+
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-18 20:00 | Comments(0)
お花見ロード[2008年4月13日]
お花見ロードに参加
Sレースが終わってから、お花見ロードまでの間
レースがめっちゃ楽しみで、待ち遠しくて仕方がなかった
Sレースの時に65kgあった体重も、ヒルクライムのために、62kg以下まで落とした
(前々日あたりからのカーボローディングで64kg近くまで増えたけどw)
準備は万端!
しかし・・・
土曜の朝、首を寝違える
日曜の朝、まっつさんの家まで、片道7kmほどの自転車
首が痛くて、前が向けない
やばいなぁ~っと思いつつ、合流
天気は良好

d0085309_19255436.jpg

西条へ到着
トリム公園方面へ曲ると、なにやら集合場所が違うような???
調度、正面からハラポンさんも引き返してきた
寒風山ヒルクライムのときと同じ集合場所でONMACの仲間と合流
みんなと挨拶を交わし、COZYさんと硬い握手
軽くUPをすませ、再び集合場所へ
そこから、集団で、トリム公園へ移動
出発前、真っ赤なジャージに包まれたONMACメンバー大集合♪

d0085309_20222565.jpg

d0085309_20223870.jpg

カテDから、スタート
カテCもスタート
いよいよカテB・・・
とりあえず、仲間の近くに居ようと、真っ赤なジャージの集まる場所へ
その後ろに、どんどんカテBの選手達が集まる
気が付けばスタート時には、僕が一番先頭
決して、戦略でもなんでもない
Noriが
「のんちはロケットスタートがあるけんなぁ~」と
個人的には、昨年の寒風山やSレースの時と同様、
後ろのほうから様子を伺う感じでスタートしようと思っていたのだが・・・
スタートの合図と共に、めっちゃ綺麗にビンディングがはまる(笑)
そのままペダルを強めに踏み込む
先頭でスタートし、しばらく走っていると、後方からまっつさんの声が
「のんち、ロケットスタート成功したな!」
・・・・・は?
後ろを振り返った瞬間、集団が随分後ろにいることが判明
スタート時、すぐ後ろに居たまっつさんは、追いかけてきてくれていた様子
集団がついてきてないことに驚いたが
まっつさんと一言、二言と言葉を交わし
特に無理はしてなかったので、そのままのスピードを維持
後方の集団から、何人かが抜け出してきて、合流
最初の折り返しを目指す
そういえば、首はなんともない(笑)
トラの練習にと、なるべく前で引っ張るように心がける
意外と折り返しのトンネルまでが遠い(汗)
コースがわからないと、色々不安になる
最初の折り返しまで、かなり一人で引っ張った

折り返し後、下りへ
今度は逆に、付いてきていた2名の選手が前へ
少しずつ離される
踏んでも踏んでも、追いつけない
下りは苦手だ・・・
もう少しでダムへ曲る道に
その手前で、二人がスピードを落とし、僕を待つ
「頼むよ!」と言葉をかけられ
再び、ヒルクライムがスタート
しばらく引いていると、後ろに居た一人が
「速すぎる!」を連呼
これは、スピードを落とせということか?と思いつつ
山岳賞がかかっていたので、スピードを落とすわけにもいかず、維持
呼吸が荒くなる
「僕も引かせてください」と、もう一人が前へ
その人の回転数とギアを見て唖然・・・・
なんちゅう重いギアを踏んでいるんですか!
「速すぎる!」と叫んでいた選手
今度は「もう無理、さよなら~」と言葉を残し脱落
前に居る選手に追いつき、二人で山岳賞争い
コースがわからないので、どこでスパートをすればいいのかわからない
しかし、その選手、かなりのフェアプレー
「ここから狭くなって、広くなって、また狭くなって開けたら山頂です!」
いよいよ山岳賞のポイントが近づく
がんばろうと思ったのですが、実は結構無理をしていたようで
踏み込む足に力が乗らず、呼吸もかなり荒くなっていた
そのままスパートについていけず、あえなく山岳賞を逃す
これは、本当に悔しかった・・
テルにはなれず、クロスケにもなれず・・・
登りでも、下りでも、その選手に叩き潰される

山頂に、何故かハラポンさんが(笑)
「総合優勝取れよ!」と声をかけてくれた
その直後、下りに差し掛かり、左足が攣る
少しずつ、見えていた先頭が、遠くなる
下りは・・・やっぱり苦手だ
2度目の折り返しポイントへ向かって走る
遠い!
まだ?まだ?まだ???
しばらくして、カテCの選手達が折り返してくる
みんないい顔している!!
折り返しのポイントに到着
先頭の選手に「がんばれ!」と声を送る
後ろから、抜け出してきたカテBの選手と、一度置いてきたカテBの選手が合流
二人は僕を交わし、下りへ突入
なんとか食らいつく
Noriやするめ、まっつさんやSHINさんの姿を確認
下りは二人が引いてくれた
これはかなり助かった
逆に登りでは僕が引く
少しずつ先頭の背中が大きくなる
いよいよゴールが近づいてきた
一度、登りで千切れた選手が、最後の頑張り
「絶対1位取れよ!」と叫びながら、もう一人の選手の発射台になる
その光景に、なんだかゾクゾクして、その後すぐに始まった最後の登りで僕が前へ
「引きます」
少しずつ先頭に近づく
あと少し
あと少しと、先頭を追う
あと30mくらいのところまで近づくも、
力及ばず、力尽きる
「ダメだぁ~。届かない!!!!」と叫ぶ
その瞬間、後方から発射!
後ろから飛び出した選手がしばらく先頭を単独で追う
・・・・・が届かず・・・・・
最終的には僕が再び追いつき、最後のスパートでその人を交わし2位でゴール
ゴール地点では、まず真っ赤なジャージが出迎えてくれた
これは嬉しい♪
とびっきりの笑顔でゴール
しばらくすると、カテBの選手達が到着
カテAのメンバーも到着し
SAに出ていた仲間も、凄まじいスピードでゴールに飛び込んできた
一番ほしかった山岳賞を逃し
総合優勝も逃す
でも、面白いレースができたと自分的には納得
次回、石鎚TTでは、さらに体を絞り
ヒルクライムの鍛錬を積み、臨みたいと思う

みなさん、お疲れ様でした
最後に、車から撮った二人の画像をどうぞ♪

d0085309_2116253.jpg

d0085309_21161225.jpg

追記
スタート直後
まっつさんと結果的にしばらく逃げた少しの間
めっちゃ気持ちよかったっす(笑)
by のんち
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-13 21:16 | Comments(0)
お花見
行ける時に行こうということで、急遽お花見に行きました。

d0085309_21571547.jpg

旧東予市のひょうたん池(地元では有名)
なかでも婦人会が販売しているおでんは大評判です。

d0085309_21574185.jpg

去年は順番で並んでいたにもかかわらず、手前で売り切れてしまいました。

d0085309_21581479.jpg

今回は金曜日ということもあり余裕で買えました。

d0085309_21584660.jpg

この冷え込みにシートを広げよく長居が出来るものです。

d0085309_21592791.jpg

d0085309_21595416.jpg

中には毛布持参者もいました。
七分咲きでした。
見ごろは週末でしょう

BY TOP FIELD
[PR]
by onmac2004 | 2008-04-04 22:00 | Comments(0)