<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
飯南ヒルクライム2010 [2010年7月18日]
7/18に島根県飯南町で開催された「飯南ヒルクライム2010」に今年も参加して来ました。
メンバーは、会長、ハル姉、オガ、ハノちゃん、オイラの5名。去年と同じです。
AM8:20に今治市民の森に集合。会長の自家用車が新車のビッツになってました。
しかもそのビッツに会長とハル姉のチャリ2台を詰め込んでました!。
天気は快晴。去年と違って暑くなりそう。
12時半に会場近くのそば屋「一福」に到着。皆でそばセットを注文。
ボリュームがあって非常に満足。

d0085309_22213960.jpg

その後会場で受付をして試走に出る。ハノちゃんは試走キャンセルして会場施設内にある温泉へ。

d0085309_22223653.jpg

この大会は地元の細やかなサービスがあり、参加者は近くの温泉3ヶ所の半額券が付いてくる。
試走中にハル姉の前輪がパンク。コース整備中の軽トラに回収してもらう。(この後ハル姉はパンクに付きまとわれる)
会長、オガは楽々試走終了。オイラはヘロヘロで戻って来る。やはりこのコースは後半がキツイ。
試走を終えてハル姉のパンク修理(タイヤも新品に交換)をして皆で温泉へ。休憩室でハノちゃん大の字。
宿に入った後、夕方6:30より前夜祭のバーベキュー会場へ。
炭火の勢いがすごく激暑の中、イノシシ肉他食べ放題。大汗をかきながらひたすら食う。

d0085309_22232450.jpg

オイラも明日の為にビールをガマン!!(笑)。
クジ引き大会でハノちゃんとオガが商品ゲット!!。
精神統一をする修行僧発見(笑)。

d0085309_2224108.jpg

宿に帰って風呂に入って早々に就寝。

7/18当日朝、朝飯を済ませ準備を終え会場に出発しようとしたらハル姉の前輪がまたパンクしてた。
チューブもタイヤも新品なのに??。もう一度タイヤチェックしてチューブを入れるもすぐパンクする。
時間が無いので会場へ移動。会長のツテで実行委員を通じて参加者にスペアホイールをお借りする。
結局ハル姉は試走も直前アップも出来ず本番へ突入!!。
20代男子と一般女子が同時スタート。ハル姉出遅れ気味。二連覇危うしか?。
30代のオガがスタートし、5分後に40代スタート。
会長、ハノちゃんは快調な出足。オイラは無理せずゆっくりスタート。
前半のアップダウンですでにかなり遅れる。練習不足でスピードが上がらない。
後半の劇坂区間に突入。去年よりかなり遅い。丁度ペースの合う人についていたけど途中で置いて行かれました。
残り3km地点の坂が激キツ。ゴール手前がこれまたキツイ。
左足攣りかけながらヘロヘロでゴールしました。
ゴール地点でメロン、スイカ、トマトを腹いっぱい食べてコーラを一気飲み。この大会はこれが楽しみの一つ。
下山後の表彰式会場では炊込みご飯も振舞われました。

結果発表
女子の部三位のハル姉。連覇ならず。

d0085309_22252820.jpg

男子40代の部6位の会長。何とか入賞を死守。今年は参加者増でレベル上がった感じ。

d0085309_2226639.jpg

余興のラムネ一気飲みに出たオガ。

d0085309_22264662.jpg

おまけ。メイドとAKB48(らしい)。コスプレ賞を受賞。

d0085309_22271484.jpg


帰りに地元の温泉に入ってのんびり帰りました。
この大会は実行委員と地元の方が「盛り上げよう、楽しんでもらおう」としており、非常に楽しい大会です。
また来年も参加したい大会でした。


by テツ
[PR]
by onmac2004 | 2010-07-25 22:28 | Comments(0)
寒風山ヒルクライム 撃沈篇[2010年7月19日]
前日まで3日間イベントで中島に缶詰め状態。
それも屋外で天日干しと、ただでさえない体力を消耗するというのに、
日焼け止めクリームを塗らずにいたもんで、まっ黒というより赤銅色。
特に鼻が酷い状態で皮がカチカチで、今にも脱皮できそうな状態。
それでも前夜は一応今日の準備をして、ツールも観てからの就寝。

あわせて記憶を辿れば、例年だったらコース下見で寒風山に1、2回。
黒森峠も何回か上っているのに、今年山を登ったことがないときた。
一応これくらい並べておけば、予想される今日のタイムのいい訳にはなるんじゃないか。

はじめてOCHIさんの練習会に参加する次男のスミトを連れてトリム公園に。
到着したのはギリギリオーバーの7時47分くらい。
(今回も橋の上流じゃなく、下流だったんだ。間違えてしまいました)

順延になったせいか人数も少し少ないみたい。
うちのメンバーも飯南ヒルクライムに行ったり、都合がつかなかったり、療養中だったりで、
原田パパとオチさん、僕ら親子の計4人。
ONMACジャージは3人なんで、かなり寂しい状態。

準備してると「寝過ごしたぁ」とCOZY到着。
でも車の上にはバイクは載ってない?ということは走らないということやね。

アップ代わりにスタート地点まで、バイク移動。
この時点でカラダがキツイ。先行き不安だらけ(笑)。

スタート地点で原田パパとスミトを見送って、
さあ次は自分たちの順番と覚悟を決めたら、OCHIさんの勘違いでスタートの間隔が
5分ではなく、10分であることが分かり、調整のためスタート時間を10分ずらし、スタート!!

d0085309_13385151.jpg

毎度のことですが、とりあえず最初はトップを走ります(馬鹿)。
例年だったら、その状態でそこそこ踏んばるんだけど、今回は数百メートルで脱落。
あっちゅう間に全員に抜かれ、どん尻を走ることに(途中で一人抜き返しはしましたが)
もちろん同じカテゴリーで走っていた、オチさんも遥か彼方に。

まあカラダの重いこと重いこと。日焼けで熱を持っているのか、二の腕が熱い。
「リタイアしようかなぁ」と思いながらも、スミトの手前そんなことはできずるはずもない。

d0085309_13391086.jpg
パパは給水所を過ぎたところで水を被るのが恒例?

その頃、スミトは原田パパたちと走っていて、そこそこのペースで走っていたらしいんだけど、
運悪くメカトラブルになったみたいで、軽いギアに入らなくて四苦八苦していたみたい。
給水所に先に辿り着いた原田パパがにつないでくれて、COZYが様子見に行った時には半泣き状態だったみたい。
どうにか給水所まで行ってOCHIさんとこのスタッフに直してもらって再スタートとできたそうだ。

d0085309_1339219.jpg
不安そうに修理を待っているスミトの図

d0085309_13394795.jpg
COZYに押してもらって再スタート

d0085309_13431175.jpg
再スタート後のスミト。余裕か?

d0085309_13445414.jpg
遅れて僕も到着。空になったボトルを投げて、新しいボトルを受けとる。


d0085309_13455213.jpg
このボトル、OCHIさんとのこのオリジナルじゃん。一個あたりの単価はどれくらい・・・・・って職業病。

旧道に入る頃から先にスタートした人たちに追いつきはじめる。
ということは後ろの組にもそろそろ抜かれるってことやね。
(ということで結構抜かれました・笑)

d0085309_13465246.jpg
ONMACで一番タイムのよかったオチさん。

d0085309_1346301.jpg
カメラ目線で余裕の図?

前方に赤いジャージ発見。後ろが気になるのか、何度も振り返っている。
ヘルメットが白いところを見るとスミトのよう。
追い抜いた時に後ろに付くように入ったんだけど、かなりへばっていたみたいですぐに千切れた。

d0085309_13502699.jpg
これもいつものゴールシーン。永遠のライバル原田パパ。

道路脇に「火の用心」?の幟が見えはじめるとゴールが近い。
ゴールが見えた!!OCHIさんの奥さんとCOZYの姿が見えた。COZYの激励の声が聴こえる。
激励と一緒に「ぜんぜん走れてないなぁ」のCOZYの声も届いてましたが(笑)。
その声に応えられるのは掛け声だけで、脚では応えられない。

ヘロヘロでゴール!!

d0085309_13515927.jpg
この時季にしては肉付きよ過ぎ(笑)。

d0085309_19481174.jpg


しばらくしてスミトもゴール!!

d0085309_13533283.jpg

ゴールで待ちかまえていてくれる西瓜たちは、何よりのご馳走。

d0085309_1344258.jpg

今回はサポートに回ったCOZY。無茶苦茶笑顔なのは、ヒルクライムしてないからか?(笑)。

d0085309_13504750.jpg

タイムは昨年のタイムから約15分遅れ。2004年から参加してるけど、過去最低記録。
スミトはさらに約16分遅れでゴール。メカトラがなければ、あまりタイム差はなかったかも。
はじめてのヒルクライムでとりあえずの完走、まあまあの及第点でしょうか。

d0085309_13534650.jpg
完走後の下山の図。

by まっつん+

[PHOTO by TATSUYAさん+KEIKOさんご夫妻・感謝]
[PR]
by onmac2004 | 2010-07-22 14:48 | Comments(0)