<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
シマノ鈴鹿ロードレース [2010年8月28日]
年に一度のお祭り気分の鈴鹿ロードが今年もはじまりました。
いつものように余裕を持って木曜日の夜オレンジフエリーで大阪に向けて出発
金曜日はゆっくり一日を過ごす。

上田自転車店ガレージAM500集合
今年は駐車場が有料になっていたのでいつもと違う場所に駐車する。
私が一番早いスタートなので先に受け付けを済ませる。
京都のお友達が早めに来て、三階の8番ピットを抑えてくれていた。

一時間サイクルマラソン(フラットバー)

ダイナソアのブースでオイルを忘れたので急いでアップクリームを塗る。
15分前にスタート地点に行くがすでに長蛇の列
ロードに混ざり割り込ませてもらう
少しサドルが高かったのを気にしながらのスタート
まずは池畑氏(内房レーシング)をマークする。
ダイモンレーシングがぴったりマークしている。
まるでシュレックとコンタドールのようである。
スピードが落ち着いたところで私もマイヨを着用しているので、一気に前に出る。
後半残り30分で私の3列前で落車発生
何とか巻き込まれずに済むが、先頭集団に戻るまで結構無駄足を使う。
残り二周でスキルシマノのジャージが単独アタックするが下りでつかまえる。
先ほどの落車で足をつかったのか左足のふくらはぎがつる。
今回はスプリントは厳しいと思いながら、だましだまし走る。
最終回の最終コーナで池畑氏は3番手で入る。
またまたつりそうな気配である。
私は13番手あたり、左ふくらはぎを気にしながら池畑氏をそのまま見送るかたちでゴールする。
かろうじて3位に入る。
惨敗であった。

d0085309_18502234.jpg

フラットバーの部(二周回)
 
サイクルマラソンに出てダブルエントリーが多くみんな疲れている様子。
同じチーム員がもう一人でているので、逃げるかどうか話し合う。
結局次の二時間レース走ることを考えるとスプリントで決定する。
相変わらず池畑氏はダイモンレーシングにマークされっぱなしである。
私はダイナソアでグリーン3番をたっぷり塗り、黄色の3番を塗って足も回復する。
小袋のプロテインも飲んで気分的に安心感がある。
決定的な場面はなくそのまま最終コーナーに入る。
池畑氏が直線に入りまずはスプリントにはいる。
後ろにダイモンレーシングがそのままピッタリついている。
私は7番手あたり
この緊張感がたまらない
サドルも少し下げ足も復活している。
池畑氏がスプリントに入ったのを確認し遅れて私も全身の力を入れる。
のこり100メートル、こちらの方が明らかに加速で違っていた。
左横に池畑氏を意識しながら最初にゴール
ゴール後思わずガッツポーズと投げキッスを二回ほどする。

d0085309_19151051.jpg

あまりのうれしさにジャージを反対に着てしまう。

d0085309_1917141.jpg


二時間エンヂューロ

TOP FIELD仲間と二人で参加
3時前スタートだがまだまだ暑い
まずは私がスタート位置につく、2時過ぎから並んだので4列目でスタートする。
周回を重ねるごとにボデイブローのように疲れた身体を酷使する。
やはり3種目はよくばりすぎである。
フラットバーが一人前にいる。
多分ジャージからするとさら足であるようだ。
勢いがある。
6周回にはいり私も限界になりピット交代する。
汗がまた一気に流れる。
このままずっと走ってくれることを期待するが、チームから交代の司令が来る。
最後に二周回踏ん張る。
結局3位で何とか表彰台

d0085309_19362972.jpg

シマノ鈴鹿の公式ホームページに私の写真とインタビューが掲載されます。
またひまな時にでものぞいてやって下さい


BY 会長
[PR]
by onmac2004 | 2010-08-30 19:45 | Comments(1)
土佐嶺北センチュリー [2010年8月8日]
今年は特に暑い夏。わかっていても参加してしまう土佐セン。
本日の参加者はOGA、テッチャン、羽野ちゃん、越智君、はるちゃん。
朝5時30分、新居浜を出発。
寒風山を通過した時は気温21℃。涼しい~

7時過ぎ現地に到着。
受付けではすでにたくさんの人が並んでいる。
今年は160kmに挑戦する人が増加。
わがチームではただ一人羽野ちゃんが160kmにエントリー。
羽野ちゃん無事生還してね。

d0085309_15214032.jpg

スタート後から曇り空。
そのうち激しい雨。ひーまたしても雨女の力が発揮されたのか・・・
冷たくて気持ちがいいのもつかの間。
雨はすぐ止み、真夏の日差しが眩しいー。

d0085309_15252539.jpg
d0085309_1524994.jpg

第1CPで水分補給し激坂へ。
テッチャンいつの間にか姿が消え、いつに間にか出現するの繰り返し。

d0085309_1523430.jpg

峠を越えればごほうびの下り坂。この瞬間、自転車と体が一つになったような感覚が最高!
第2CPはバナナと梅干をいただいて、まだ足りずおにぎり購入。
そういえば去年もしっかり腹ごしらえしたな~。

ここからは下り基調とはいえ、小さなアップダウンが続き
置いて行かれないようにがんばった。

d0085309_15233365.jpg
d0085309_15235299.jpg

160kmの人たちとすれ違いだしたので羽野ちゃんの姿を探していると、
前から赤いONMACジャージを発見。
羽野ちゃーんと声をかけたらまだ元気そうだったので一安心。

d0085309_15224426.jpg

d0085309_15245327.jpg
d0085309_15243778.jpg

第3CPで水分補給。もうゴールは目の前。
坂を下りきり無事ゴール。
土佐セン運営の方々、お世話になりました。
真夏のセンチュリー、楽しく走ることができました。

アイスクリームを食べて撤収後、西条の武丈でお風呂に入り
夜はB-SHOPの打ち上げに参加。
自転車談議で盛り上がり、最後まで楽しい1日でした。


byはるちゃん
[PR]
by onmac2004 | 2010-08-11 10:59 | Comments(0)
久万高原へいらっしゃーい。 [2010年8月1日]
まっつんのお誘いで三船雅彦バイシクルアカデミーのお手伝いに行ってきました。
朝8時30分ごろ 久万千本高原に到着。
ONMACメンバーはサポート隊として参加。(私でもお役にたつのかしら?)

d0085309_2159794.jpg


参加者にKIDS数名(これがヘルメットからジャージ、シューズもちろんバイクまで
ビシッと決めてます)
SOLDOUTの方たち、親子、家族、個人で参加など
そしてONMACメンバーまっつん、COZY OGA マツキヨ てっちゃん、スミト、はるちゃん。

近辺を軽く周回してから三船氏のバイク教室。
三船氏の印象はお話が上手でとても親しみやすかったです。
質問にもたくさん答えてくれました。
詳しくは説明できませんが(後のヒルクライムのせいで記憶が薄れる)

1.バイクを安定させるには小指でしっかりハンドルを握る
2.下りでこけないようにするに視線は常にカーブの先を見る
3.カーブでは外側の足を踏ん張る
4.下りのブレーキングは前を使い後ろブレーキはタイヤを安定させるために使う。
  前ブレーキは制動力がある。急に制止する時は威力を発揮する
5.バランスが大事
  バランス感覚の悪い私はどうやってバランスを身につけたらいいか聞けばよかった・・・

実際にパイロンを使用し体験した人は、なるほど~と実感していました。

d0085309_2204249.jpg

d0085309_221113.jpg

そして最後の仕上げに上林峠をみんなで上がりました。
ここでKIDSたちが大奮闘。
身の軽さや足の回転には脱帽です。マツキヨさんは本気モードでKIDSと勝負。
KIDSたちの将来が楽しみです!
私も必死に上りましたが、きつかった~



d0085309_23563296.jpg




下山後はあいさつして解散。
おなかが空いていたのでタコスを購入しかぶりつく。おいしかった~
たいしたお手伝いできなくてスミマセン。
1番楽しんだのはONMACのメンバーだったでしょう。

お昼ごはん中、石鎚スカイラインを上りに行くか迷いましたが、行ける所まで行くということで
結局土小屋まで上りました。

d0085309_223295.jpg

d0085309_2232316.jpg

d0085309_223477.jpg

帰りは瓶ガ森経由で寒風山から西条経由で帰宅(もちろん車)

今日はヒルクライムを満喫できました。

追記
私だけアブに刺されたのはフェロモンに寄ってくるのか、おしりが軟らかかったのか
とにかくイタカユイのです・・・


byはるちゃん
[PR]
by onmac2004 | 2010-08-09 22:57 | Comments(0)