<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
骨盤底筋群トレーニングINウインズ
 以前から骨盤のずれがありかなり苦労していた羽野ちゃんと一緒に
骨盤底筋群を受講しました。
今回は4名で参加
さんし先生は都会では人気のあるパーソナルトレーナーです。
田舎ではあまり聞き慣れない言葉ですが、個人にあわせた全身のトレーニングです。
先生のモットーは姿勢が変わると人生が変わる。
当然、いままで生きてきた生活習慣やその人の癖でバランスが左右崩れていく
そのお手伝いをするのがパーソナルトレーナー

プロ選手は専属でついていますが、個人になるとなかなか大病をしない限りなかなか
そこまでする人はいない

ただ意識するだけでもかなり違うそうです。
インナーマッスルを刺激します。
小さな筋肉なのでなかなか目に見えてわかるものではありません

私も今回2回目の受講でしたが、今回は骨盤を頭の上に引っ張る感じ
湯葉をつかむ感覚です。

なかなかむずかしく残念ながらスグに体感することはできませんでした。
羽野ちゃんは奥さんをわざわざフジにまたせて受講しました。

受講もさることながら先生のトークもかなり勉強になります。
かなり話し上手です。

中学校や企業に講演で場数を踏んでいることもあると思います。

d0085309_21343871.jpg

この時期羽野ちゃんは月間300KM走るそうです。
腹筋割れてるし
d0085309_21361770.jpg

先生が多裂筋と複横筋(?)を使い分けて動かしていました。
4名の受講生もびっくり
私は座った時より歩いて座骨を引き上げたときの違いがはっきりわかりました。
当然自転車のサドルの上でも座骨を意識して上げていけば力が入ることがわかりました。
なんでも意識することが大事です。

BY TOP FIELD
[PR]
by ONMAC2004 | 2012-03-31 21:43 | Comments(0)
崎本選手と走ろう会 3/25
 オチサイクル主催でロンドンオリンピックを目指すトライアスロンの崎本選手を招いて練習会を
行いました。
我がONMACからは私とヒロヤンが出席
その他のメンバーはしまなみ縦走に参加
AM8:00集合で5分遅れで店に到着
すでにNHKがカメラをスタンバイしていて崎本選手を撮影している。
県内のオリンピック最有力選手ということもあって各放送局もほとんどが取材済み
今回も練習コースをずっと併走するらしい

久しぶりにあった印象は体全体が無駄な肉のないそぎ落とされた感じです。
今までかなり追い込んだ練習をしていたと思います。
カメラが先回りして黒瀬ダムの登りで撮影
d0085309_1526131.jpg

休憩でオリジナルのアームカバーを発見
なんと友達がストッキングメーカーに勤務していて2005から毎年作成してもらっているそうです。
d0085309_15292644.jpg

黒瀬を下り西山興隆寺に向かう
カメラマンに説明したつもりがいつもの駐車場にいない
仕方なく行き止まりまで向かう
d0085309_15374160.jpg

ここで一般サイクリストにもインタビュー
たまたま私のほうにも回ってきた。
カメラマンがずっと併走しているのでこちらも勘違いしそうである。
崎本選手にワット数を確認すると500Wは出ていたそうです。
女子の筋肉量でこの数値はハイレベルです。
最後は激坂の横峰時まで上る。

二週間後にアジア大会が千葉でその後の世界選手権で代表を決めると宣言してくれました。
今年のオリンピックはまた楽しみが増えました。
d0085309_15453897.jpg

最後にヒロヤンと崎本選手を囲みONMACだけで記念撮影

BY 顧問
[PR]
by ONMAC2004 | 2012-03-25 15:51 | Comments(64)
第17回西日本チャレンジロードレース 3月18日(日)
ヒロヤンです。
今回は広島県で行われた西チャレについてレポートします。

朝8時、今治森林公園に集合。OGAさんと私が選手で参加、テッチャンが応援に来てくれました。
レースは昼過ぎからだったので、午前中、寄り道してから行くことに。

目指すは百島。
このオフシーズン、しまなみ海道を利用して開催された
   「サイクル☆スタンプラリー」
のスタンプゲットのためです。

尾道港から舟を利用して福田港(百島)へ。
d0085309_2013482.jpg

雨が降りしきる中上陸。
d0085309_20131642.jpg

晴れていれば景色も良かっただろうにと少し残念。

で、ゲット(右から2番目)。
d0085309_20503611.jpg



お昼は、尾道の商店街で尾道焼きを食べました。
商店街でたまたま見つけた広島風お好み焼き「いわべえ」。
d0085309_20152059.jpg

入り口の案内には「今話題の尾道焼 スナズリ入り」とあります。

焼いて焼いて。
d0085309_2016154.jpg

並ぶ並ぶ。
d0085309_2018417.jpg

出来上がり。
d0085309_21123134.jpg

具材の砂ずりとイカ天、濃い目のソースとマッチして美味しかったです♪

13時過ぎ、西チャレの会場となる県立中央森林公園に到着。
OGAさんが3周回36.9kmのB3に、私が1周回12.3kmのB1に出走します。

OGAさんの出走が14時過ぎとあって少々気持ちが焦りますが、
当の本人は今大会が2度目(?)の出場とあってか余裕の準備作業。
ここにきて軽量化のためボトルゲージを外したりしてます。
d0085309_21141552.jpg


時間に不安になりながら一足先にスタート地点に向かうと、「んんん!?」
OGAさんの出場するB3の選手が既にスタンバっているではないですか!!
今か今かと号砲を待ち構えています。

OGAさんもやってくるにはやってきたのですが、
レース前のサインを終えていなかったためスタート地点を通り越し、
約200m先の受付まで向かいます。
んーーーもどかしい。
そうこうしているちに「パーーーン」。
始まっちゃいました・・・。
数分遅れでスタート。

最下位から追い上げ!
d0085309_2171049.jpg

追い上げ!!
d0085309_2030260.jpg

そのころ、私は余裕の表情。
d0085309_20312983.jpg

で、OGAさんはラストスパーート!!!
d0085309_21102494.jpg


OGAさんのレースが終了して私も間も無くスタート。
30分前からスタート地点で陣取っていただけに好位置からのスタートです。
最初は、先頭集団に食らいつくも、それも束の間。
ズルズルと順位を下げ、ある程度のところで落ち着くと今度は同じ連中と抜きつ抜かれつの攻防。

最後は5,6名の選手ともつれ込みながらゴーーーール。
d0085309_2038148.jpg

お決まりのポーズです。
d0085309_20474259.jpg


結果
 OGAさんB3(3周回) 1時間11分21秒 65位/79人
 私    B1(1周回) 24分20秒 18位/54人  

オフシーズンで怠けた身体に喝を入れる良いレースになりました。来年は皆さんも是非!
[PR]
by ONMAC2004 | 2012-03-18 19:26 | Comments(1)
森の国戦国武者伝走[2012年3月18日]
キッツキツの1ヶ月が終わり、やっととれた休み。
先週は土曜はの〜んびり、日曜は三坂。
で今週は土曜が愛南に墓掃除で、日曜は会社の同僚と松野に行ってきました。

そうタイトルの「森の国戦国武者伝走」のモニターレースです。
これは「ハイウエイフェスティバル2012」と同様に、
えひめ南予いやし博のプレイベントとして開催されるもので、
仕事つながりではなるものの、プライベートでの参加です。

どんなことするの?とにかく甲冑を着て駅伝をする!?
僕は第1走者で1.8km区間(それくらいなら楽勝でしょう?)を走ります。

会場は虹の森公園。到着時にはしとしと雨が降っていました。

ユニフォーム?の甲冑は主催者から段ボール製のものが支給されます。
それに参加者それぞれが思い思いに工夫を凝らした装飾をします。
うちのチームは青一色。胸にはいやし博のロゴ、背中には会社のロゴを配しました。
(前日ラッカーで塗られたばっかなんで、行きの車中はシンナー臭くって)

開会式後、スタート前の競技説明を聞いてるとコースは平坦な道じゃないみたい。
川を挟んだ山の途中に見える寺が折り返し地点とのこと。まあそれでも大丈夫でしょう。

貼り付けているのはスタートの模様です。
(この時雨は止んでました)



左から二人目が自分です。陣太鼓にあわせ「オー」の雄叫び。
戦いの火蓋が切って落とされました(大袈裟)。
勢いよく飛び出たものの、流石に前に走ったのが1年前、それ以前はさらに1年前。
自転車にも乗れてないのですぐにアップアップ状態になりました(アップもしてないのに・馬鹿)。

商店街を抜け(鰻屋ある!!)、角を曲がるとそこには緩い階段が!?
勾配はさほどないんだけど、結構長い!
やっと登りきった所に山門が、その向こうの東屋には折り返しのチェックポイントが。
ここまで先頭グループに遭遇!まだたいして離されてないはず(大嘘)。
実を言うとそんなことより、山門に吊り下げられた鐘をついてみたくって、そっちのことを考えてました。

上り以上にきつかったのが下り。雨で濡れてて滑りそうだし、足は笑うし。
再び商店街を抜け橋を渡り、ゴールに辿り着いた時にはヘロヘロ。
順位は12チーム中8位、トップから1分53秒遅れの8分19秒でした。
(女子を含めると15チーム中9位)

残りのコースは、砂場あり、山道あり、道なき道ありのハードなものだったらしく、
さらに順位を大幅に落とすメンバーもいたりして(もちろん順位を上げた人もありますが)、
最終順位は10位と惨敗のレースでした。

優勝賞品は米一俵と地酒や特産物。
区間賞もあったりしましたが、僕らはただただ拍手を送るだけでした。
ちなみに参加賞は地酒のTシャツをいただきました。

今秋、本番が予定されてます。
真剣に走れば結構きついコースですが、ベスト甲冑賞とかもあるし、
なにより楽しいイベントなんで、チームでの参加どうかなと。
モニターレースでしたが、体協クラスがガッツリきてましたので、
本番はさらに熾烈な争いになるとは思いますが、ユルユルでもOKなんで。

ちなみに出るんだったら甲冑へのペイントは早めに。
走ってる時もシンナー臭くって(笑)。


BY まっつん+
[PR]
by ONMAC2004 | 2012-03-18 12:56 | Comments(0)
コスモ アースコンシャスアクト野口健講演会3/17
 松山コミセンキャメリアホールにて登山家で有名なアルピニスト野口健の講演会に行ってきました。
長女がたまたま空いていたので部活帰りにそのまま車に乗せて現地に行く
開演20分前に到着するがすでにコミセンの駐車場は満車
向かいのJA直販所に駐車

7大陸を制覇し最近は富士山の清掃活動に力を入れています。
父親は東大から外務省に入り現在は京都の大学で生徒に授業を教えている。
母親は中東の出身だったかな?
お父さんも外務省で交渉ごとはかなり鍛えていたと思います。
亜細亜大学に特待生で実績がないのに今後の登頂計画だけで一発合格
面接官に熱意が伝わったと思います。
交渉事がうまいのは父親ゆずりか?

本人はおちこぼれとは言っているが、あれだけなめらかに話ができるのは地頭がいいと思います。

登山のことで印象に残ったことをいくつかピックアップ

何か頭に描いている死と実際の死は違うと言う事

全身の感覚が過敏になり生に対する執着心がつく

死というものを感覚で感じる

しても良い無理としてはいけない無理を見極めること(誤ると即死につながる)

自由になると言うことは自分で決断し全てを背負う、そして責任はすべて自身に降りかかるということ

今回で60回目(10年)講演会を全国で行っています。
まさしく達人です。
d0085309_20142847.jpg

d0085309_2015348.jpg

d0085309_2015248.jpg

500番台のサイン会整理券を待つこと40分弱
ようやく記念写真と色紙は関係者には拒否されましたが、野口さん本人がサッと色紙を取り素早くサインしてもらいました。
ますます共感を持つことになりました。
d0085309_20195875.jpg

2時間予定が3時間近くになり、関係者からもたびたび定刻時間と警告が入るも無視
あっというまの3時間でした。

BY 顧問
[PR]
by ONMAC2004 | 2012-03-17 20:26 | Comments(0)
クラブ駅伝3/11 In松山風早
 チームメイトには決していえませんが、4日間しか練習していません
出来るだけサプリメントや骨盤ベルトなどあらゆる手段を使ってだましながら走ることに決定
スーパーヴァームを飲み入念にアロマオイルでマッサージ
6区なので時間があり1区ノスタートを応援する。
d0085309_21471124.jpg

d0085309_21474678.jpg

やはり最初は迫力があります。
d0085309_21482822.jpg

d0085309_2149565.jpg

ここは愛媛マラソンのコースでもあります。
風早の里というだけあって折り返してからの風が強く、いっこうに前に進まない
やはり持久系の競技はごまかしが利きません。
最初のトラックまでがすごく調子がよくあとは、スルズルと後退する。腓腹筋やヒラメ筋が炎症を起こしているみたいである。
陸上の筋肉が出来ていない上に超軽量シューズでよりダメージを与える。
やはり6週間は準備期間には必要です。
d0085309_21551323.jpg

d0085309_21553461.jpg

自転車ならある程度は慣性で進んでくれるがランニングはそうはいきません。
チームに迷惑をかけながらもなんとかタスキをつなぐ
閉会式後
打ち上げがあったが、そのまま今治のお通夜に参加 平安祭典で嫁と待ち合わせ
明日のお葬式には出席出来ないことを伝えて帰宅する。

BY 顧問
[PR]
by ONMAC2004 | 2012-03-11 22:02 | Comments(0)
GO30min 三坂道路開通イベント[2012年3月10日]
<プロローグ>
ほぼ1ヶ月ぶりの休み、そして久々のみんなと一緒の自転車でワクワクです。
(この前ある程度の距離走るのも本当に久しぶり。
高速イベントの試走でも30km以上乗りましたが、楽しさはいまひとつでした。一応仕事だったんで・笑)
今日のサイクリングは13時からと、自転車イベントにしては異例のスタート時間。
なんですが、ニューホイールの初走りもあって昨夜のうちに、
簡単な準備とスミトのホイールをキシリウムに交換しておこうと下のが大間違い。
スミトがアウタートップにしないではずしたせいなのか、
それともそれ以前に何処かにぶつけていたのか、シフトがうまくいかない。
よって朝方にウエスタンさんに持ち込みました
(久万高原ヒルクライムで出店してもらってからのお付き合いで、
 同郷ということもあり、ホイールもここで取り寄せてもらいました。)
無事、調整をしてもらってあとはウエアの準備をしてと帰ってる途中で思わぬ災難が、
狭い道を走行中に前ばかり気を取られていたら、
なんとムルティプラがガードレールとチョットしたケンカで、擦り傷が・・・・・・(泣)。

ということで、テンションはダダ下がりなんですが、
楽しく走らにゃと気を取り直して準備をして会場へ。


開通するのは久万高原町の皆さんには待望の三坂道路です。
今年もこれから久万高原には何回も通わないといけない自分としても、
一部ですがあのくねくね道を通らなくてすむのは正直うれしい。

今日参加するのはOGAとShin☆、コセ2号とうちら親子の5人。
集合時間の10分前に海洋センターの臨時駐車場に着いたら珍しく一番手でした。
春の気配にカラダがなれたのか、少し冷え込むと「寒い!!」。
陽が出たら「暖か〜」とそこは春!! でも晴れ間はほとんどなし。
少し遅れてShin☆が到着!「寒い寒い」を連発しながら準備を進めるに、OGAとコセ2号が来ない!?
めずらしく集合時間に遅れて到着したOGAとコセ2号。
どうも昼食が遅れた原因のようでした(笑)。

スタート地点での集合時間は13時で、臨時駐車場を出たのが30分前!?
移動距離は15km程ですが、途中標高差250m程の峠を越えないといけないので、チョットやばい感じです。

峠まででかつて坂は任せといて状態だったコセ2号が千切れましたが、
遅れそうなので、OGAに任せて先を急ぎました。
(チームジャージを着ているので遅れるのは基本NGです)
ちなみに下りで早々にスミトが千切れ、自分もShin☆に千切られました(笑)。

スタート会場に着いて一安心。まだ参加者は集まっている途中でした。
というか同じ開通イベントなのに緊張感が違う!?
スタッフとして参加しているピリピリ感がないだけじゃなくて、なんか羨ましい(笑)。

受付の向こうにのT智先生を発見!!
そういえば地元出身だったはずです。他にもS藤先生やM野さんにもお会いしました。
久万高原ヒルクライムではお世話になりっぱなしの皆さんです(感謝!)。

受付を済ませてお喋りをしてる間に、開会式がはじまってしまいました。
なんかアットホームでいい感じです。
主催者挨拶と久万山五神太鼓の勇壮な演奏!!
たしかイベントでお世話になってことがあるはずですが間近で聴くのははじめて!!

久万山五神太鼓は、
「土佐方に包囲され 滅亡の危機に陥った久万山大除城主 大野直昌が、
 神のご加護を得んと、守護神・ダイバの仮面を小姓衆に付けさせ、
 太鼓・樽を一斉に打ち鳴らし神に奉じた。
 願い、祈りは天に通じ、空にわかにかき曇り時ならぬ夕立襲来を呼んだ」という古事に由来するとか。
そういえば前聴いた時には、雷が鳴っていたような。
間違っても雨は呼ばないように、それより逆に雲を追い払って晴れ間を呼んでほしいくらい。

d0085309_11193249.jpg

さていよいよスタートです。
少し後方からみんなとスタートしたのですが、あまりにスピードが遅過ぎて逆に危ない。
流石にしびれをきらして、声かけをしながらできる限り右側を追い抜いていきました。
(いろんな人がいろんな自転車で参加する、サイクルイベントではこれって大切)

コースは緩やかな上り。
みんなでゆるゆると走って橋を越えたら、あっという間のエイドステーションでした。
(橋梁部の走路観察員にJazz PicnicのY崎さんがいたはずなのに見つかられませんでした・陳謝)

エイドステーション入り口には巨大な御用木が!!
まつり時には還暦の方がこれを引っぱるとのこと。でもって「今日はここまで引き上げたんです」と
NPO仲間で今回の開通イベントの役員でもあるI部さんに聞きました。
「もちろん車で引き上げたんですけどね」ってなるほど。

エイドステーションでは「ぜんざい」と「おにぎり」、そして「藤岡、珈琲」が振る舞われました。
「藤岡、珈琲」?それは藤岡弘、氏がプロデュースした闘う男のサバイバルコーヒー。
「藤岡、珈琲」ゼリーは何度かいただいたことはあるんですが、コーヒーははじめて。おいしかったですよ。
氏はここ久万高原町の出身で当日もトークショーがあったんですが、
ウォーキングの時だったらしくステージだけがポツンと置いてありました(残念)。

d0085309_13305190.jpg

カラダも温まったんで残り4km、後半のスタートです。

さてこれからが本番!!いつもはできない並走で、OGAと話しながらユルユルと走ります。
「トンネル抜ければゴールやったりして」と笑いながら走っていたら、
笑い事じゃなく、ゴールに着いてしまいました。7.6kmはアッと言う間です(笑)。
流石に走り足りず別のコースをと言うことになりましたが、
向かう途中で下りの苦手なスミトが遅れ、逸れたために中止となりました。
(; ̄ー ̄)ゞ

駐車場に戻り、地元の物産ブースで猪汁とか舌鼓を打ったものの、
何か物足りないということで、地元の名店プティ・クリフに行くことに。

残念なことにプティ・クリフは満席。
折角だからと外に待つことにしたんですが、
お店の方がサービスの生チョコを!美味しかったです・

d0085309_18192843.jpg
お店に入って男5人が思い思いのケーキを注文して、
ワイワイとやっていたら、辺りの雰囲気が何が違ってきました。
(自分たちが周囲から浮いてるって言う意味じゃなく)
そうスター藤岡弘、氏の来店です。いや〜変わりませんね。
ザワザワしてたら、席に近づいて来てくださって、全員と握手!!
奥の席が予約席になっていたのが理解できました。
写真はお願いしませんでした。
なぜかというと氏にとってプライベートの時間。野暮ってもんでしょう。

店を出てから駐車場でジープを探したのは言うまでもありません。
残念なことにミニバンでした(他のスタッフの方も一緒なんで当たり前?)。

そうそうNEWホイールのこと、すっかり忘れてました。
無茶苦茶快適です。インプレは以上。


by まっつん+
[PR]
by onmac2004 | 2012-03-10 02:09 | Comments(0)
たった1回だけやけんなサイクリング大会[2012年3月4日]
昨年2月の高知道のイベント以来、2度目の高速道路開通イベントへ行ってきました。
まだ一般車両の通行がされてない処女地を自転車で走るという男のロマンをかき立てるイベントですが、
B-SHOP OCHIさんのイベントと日程が重なったために、参加者はOGA! はるちゃん、スミト君、コセ2号の4人だけです。
今回のイベントが『初走り』の私ですが、距離も30kmですので、軽い気持ちで臨むことができました。

我が家に前泊していたOGA!の車で朝4時半出発。
走り始めるとすぐに小雨が降り始めました。
天気予報では午前中は降水確率は低かったので、にわか雨と思って大きく構えていましたが『桜三里』で本降りに・・・。
『山だから仕方ないね・・・。』と言いつつも内心は、やっぱり来なきゃ良かったと思い始めました。
カーボンホイール履かせてきたOGA!は涙目です。(カーボンホイールは濡れるとブレーキのききが極端に悪くなるんです。)

幸い開催地 三間町に近づくにつれ、雨も止み随分雲も薄くなってひと安心です。
西宇和ICを降りて『最短ルート』で設定していたナビに県道31号へ誘導され、道の険しい南予の洗礼を受けることに・・・。

細いぐねぐね道で車酔いし、テンションは急降下。
OGA!も『ジェントルドライブ』をしてくれますが、寝不足の体は悲鳴を上げます。
胃液が逆流する寸前、約2時間半ほどのドライブで臨時駐車場へ到着。

ここでスミト君と合流して数キロ先の特設会場へ自転車で向かいます。
(Luppiの『キヨシ』さんや『ケンタロウ』さんも来ていました。)

スミト君がライトを忘れたので、『本線』上にいるまっつん+と合流するためスロープを上ります。
フライング?。 注意されないかビクビクしながら上ってみると、開会式は『本線』上でするみたいで、そのままスタート地点へ。
図らずもメディア露出に良いポジションが取れました。

d0085309_19291096.jpg


開会式前に中村時広愛媛県知事と。

d0085309_2012013.jpg

今回のコースですが、新たに開通する西宇和ICから宇和島北IC間は約16.3km。
中間にある三間ICをスタートして西宇和方面への往復20kmの『ファミリーコース』と
西宇和で折り返した後、宇和島北で再び折り返して 三間ICまでの30kmの『シャカリキコース』です。
ONMACメンバーは当然の『シャカリキコース』。

開会式後、県知事と宇和島市長を含む第1グループからスタート。
我らがONMACチームも第2グループの先頭ということで地元TVでチラッと映ったようです。
サイクリングということでスピードは考慮せず、気ままにたった一度きりのコースを味わって走ります。

途中、県知事とお話する機会がありましたので、知事の着ているジャージの一般販売をお手討ち覚悟で直訴しておきました。
また、しまなみ海道(車道)をクローズして、世界規模の自転車イベントを開催したいと熱く語っておいででした。
噂には聞いたことがありましたが、県知事があんなに乗り気とは知りませんでした。
愛媛、日本のサイクリストは期待して良いんではないでしょうか?

三間ICと西宇和IC間はそうでもなかったのですが、三間ICと宇和島北ICは傾斜が4~5%。
ファミリーコースとシャカリキコースの距離差が10kmしかないので、
おかしいな?とは思っていたのですが、こういうことらしいです。
(さすがまっつん+選定コース) 
スポーツサイクルだとそれほどでもありませんが、所謂『ママチャリ』の方は苦労しておられました。
それでも愛車のピンクの『ロールス〇イス号』で
『シャカリキコース』に参戦の石橋宇和島市長ですが、見事に完走されたそうです。

宇和島北ICの折り返しでOGA!が濡れた白線で滑って軽く転倒したくらいで、無事ゴール。

d0085309_1930224.jpg


走り終わった後は、特設会場に愛媛各地の名産の露店が出ていたので試食巡り。
(車に財布を忘れました)
さらに『ちびっ子はたらく車撮影会』にも乱入。

決してスミト君をダシに使ったわけでは無く、
『精神年齢がちびっ子なのですがよろしいですか?』とお願いしたところ快く応じていただきました。

d0085309_19304565.jpg

今回のイベント司会の『らくさぶろう』さんと

d0085309_1931825.jpg

せっかく宇和島まで来たので鯛飯を食べて帰りたかったのですが、 前夜のお酒と睡眠不足のせいで直帰。
宇和島鯛飯は、4月末から約半年に渡って宇和島圏域で開催される『えひめ南予いやし博2012』へ持ち越しとなりました。
(↑ 自分一人でおいしいもの食べると怒る人がいますからね・・・。)

最後に、このイベントの企画、運営に携わったスタッフ、
協力して頂いた多くのボランティアの皆様に、この場を借りて感謝とお礼を申し上げます。


by 飼育員2号
[PR]
by onmac2004 | 2012-03-04 19:21 | Comments(0)
高校卒業式 3/1
早いもので長男もあっという間に卒業してしまう
長女も高校入試の直前まで迷い
また先生方にも職員会議までかけられて最終的に
長男と同じ学校に去年入学しました。
よく兄弟が行くと上と下の子供を比べられるためあえて別の学校に行かせる
話しをよく耳にします。
でもそれは頭の良くできる子供のことであって我が家には当てはまりません

最近は高校でも夫婦で来られている方が多い
私はあえて夫婦別々で行く
というか嫁は式終了後そのまま友達とランチへ
私はトンボ帰りで仕事場へ
中学校と違い淡々と進んでいく
やはり一般入試などはまだまだこれからが勝負どころで余韻に浸るどころではないと思う
長男はあれだけ大学のオープンキャンパスに行ったのだが、4年間も勉強する自信がないと言って
臨床工学技士という資格を目指す専門学校に決めました。
親がどれだけ言っても結局は本人が決めるのが一番です。
d0085309_19151579.jpg

d0085309_19155210.jpg

d0085309_19162633.jpg

d0085309_19165440.jpg

d0085309_19172162.jpg

d0085309_19175262.jpg

まあ3年間普通に勉強して卒業出来ることを願うだけです。

高校の役員を打診されています。
このまま行けば4月より副会長になります。
中学校に比べると高校の役員会は年4回と随分と簡素化されてます。
高校の役員経験者のかたまたアドバイスお願いします。
まあ会長にならなかっただけホットしています。

by 顧問
[PR]
by ONMAC2004 | 2012-03-01 19:36 | Comments(0)